WordPressブログにサーチコンソールを設定・連携する方法【使い方も解説】

Googleサーチコンソールは、ブログの収益化に役立つ便利ツールです。

ほとんどのブロガーが愛用しているので、ブログ初心者も導入を検討している方も多いはず。

とはいえ、「どうやって設定するの?」「使い方がわからない…」も多いはず。

そこで、今回はWordPressブログにGoogleサーチコンソールを設定・連携する方法を解説します。

この記事を読むと、かんたんにGoogleサーチコンソールをWordPressブログに設定でき、収益化に活かすことができますよ!

まだ、WordPressブログを開設していない方は、下記の記事を参考にしてください。

たった10分!WordPressブログの始め方【初心者向けの開設手順】

目次

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供する無料で検索データを解析できるツールです。

サーチコンソールを設定することで、

・Google検索から訪れたユーザー数はどのくらいか
・ユーザーがどんな検索キーワードでブログを訪れたのか
・各ブログ記事の検索順位

などを調べることが可能です。

また、新しい記事を作成したときに、インデックス登録をリクエストすることもできます。

インデックス登録のリクエストとは?
Googleに「新しい記事はここですよ!」と申請し、検索エンジンへ登録してもらうことを言います。

Googleアナリティクスとの違い

サーチコンソールと並び、Googleが提供している解析ツールとして「Googleアナリティクス」があります。

それぞれの違いは、以下のとおりです。

・サーチコンソール
→ブログに訪れる前のユーザーの行動を解析
・アナリティクス
→ブログに訪れた後のユーザーの行動を解析

どちらもSEO対策に必須レベルのツールですが、ブログのアクセス数アップ・検索順位の向上には「サーチコンソール」が役立ちますよ。

ガッツリSEO対策に取り組みたい方向けのツール

本気でSEO対策に取り組みたい方は、SEO検索順位チェックツールのRank Trackerを導入しましょう。

サーチコンソール
→1記事ごとに検索順位を手動で調べないとダメ
Rank Tracker
→全キーワードを一括で管理することができる

SEOで検索順位を上げるためには、狙ったキーワードで上位表示をする必要があります。

ポイントは、「キーワード選定→コンテンツ作成→検索順位チェック→リライト」というサイクルをスムーズにまわすこと。

このとき、Rank Trackerがないと順位チェックだけで日が暮れてしまいます…

Rank Trackerを使うと、検索順位を自動で毎日チェックできるので、記事作成・リライトに活用できます。

その結果、SEOで上位表示され、ブログの収益UPにもつながりますよ。

SEO対策でライバルに差をつける

WordPressにGoogleサーチコンソールを設定・連携する方法

サーチコンソールにWordPressブログを設定・連携する方法は、以下のとおりです。

Googleアカウントを作成
サーチコンソールにログイン
認証用コードを取得
WordPressと連携

1つずつわかりやすく説明していきますね。

Googleアカウントを作成

サーチコンソルを利用するためには、Googleアカウントが必要です。

既にGoogelaアカウントを持っている方
② サーチコンソールにログイン へすすんでください。

新しくGoogleアカウントを作成する方は、以下の手順ですすめてください。

手順

ブラウザでGoogleのトップページにアクセスして、右上の「ログイン」ボタンを押します。

GoogleのTOPページ
手順

ログイン画面へ移行します。

「アカウントを作成」→「自分用」→「次へ」の順にクリックします。

Googleアカウントの作成画面
手順

続いて、以下の情報を入力していきます。

姓名姓と名を入力。ニックネーム可
ユーザー名Googleアカウントで使用するユーザー名を入力
パスワードパスワードを入力
確認パスワードを再入力
Googleアカウントの情報入力画面

入力が完了したら、「次へ」をクリックします。

次のページでは、以下の情報を入力します。

「日本」を選択
電話番号SMS認証ができるスマホの番号を入力
再設定用のメールアドレスアカウント復元に使用。
生年月日「年・月・日」を入力
性別「男性/女性」を選択
Googleアカウントの情報入力画面

入力が終わったら、「次へ」をクリックします。

手順

最後に、プライボシーポリシーと利用規約を確認します。

確認が終わったら、「同意する」をクリックします。

手順

Googleアカウントが作成できたら、自動でGoogleのトップページへ戻ります。

作成したアカウントでログインされているはずです。

右上のアイコンをクリックし、アカウントが表示されるか確認しましょう。

以上で、Googleアカウントの作成は完了です。

サーチコンソールにログイン

次に、作成したGoogleアカウントで、サーチコンソールにログインします。

手順

サーチコンソールへアクセスし、「今すぐ開始」をクリック。

Googleアカウントでログインされていない場合は、ログイン画面へ移行します。

Googleアカウント作成で使ったメールアドレスを入力し、「次へ」をクリック。

続いて、パスワードを入力し、「次へ」クリック。

手順

以下のページへ移行したらOKです。

認証用コードを取得

続いて、サーチコンソールとブログを連携させるコードを取得します。

手順

右側の「URLプレフィックス」にブログのURLを入力して、「続行」をクリック。

以下のページが開きます。

手順

下にスクロールして「HTMLタグ」をクリック→「メタタグ」が表示されます。

<meta name=”google-(略)content=”〜〜〜〜〜” />

と表示されている「〜〜〜〜〜」の部分をコピーしておきましょう。

のちほど、このページを使用するので、開いたままにして次に進みます。

WordPressと連携

さきほどの「メタタグ」を使って、WordPressに連携していきます。

WordPressテーマを使えば、かんたんに連携することが可能ですよ。

テーマによって連携方法がちがうため、今回は利用者の多い3つのテーマを紹介していきます。

① AFFINGER6
② SWELL
③ Cocoon

上記以外のテーマを利用している場合は、「googleサーチコンソール 〇〇(テーマ名) 連携」とググりましょう。

AFFINGER6

まずは、AFFINGER6のパターンを紹介していきます

手順

WordPress管理画面にアクセス→「[AFFINGER管理」→「Google・広告/AMP」の順にクリック。

その後、「サーチコンソールHTMLタグ」に認証用コードを貼り付けます。

認証用コード<content=”〜〜〜“>の「〜〜〜」部分だけ貼り付けます。

最後に、「Save」をクリックします。

Googleサーチコンソール画面に戻り、[確認]をクリックします。

手順

サーチコンソールの画面に戻り、[確認]をクリック。

手順

以下のページが表示されたら、「プロパティに移動」をクリック。

手順

サーチコンソールの管理ページへ移動したら、完了です。

SWELL

続いて、SWELLのパターンを紹介します。

プラグインの「SEO SIMPLE PACK」を利用するので、事前にインストールしておきましょう。

手順

WordPress管理画面にアクセス→「「SEO PACK」→「Google・広告/AMP」の順にクリック。

その後、「Googleサーチコンソールの認証コード」に認証用コードを貼り付けます。

認証用コード<content=”〜〜〜“>の「〜〜〜」部分だけ貼り付けます。

最後に、「設定を保存する」をクリックします。

手順

サーチコンソールの画面に戻り、[確認]をクリック。

手順

以下のページが表示されたら、「プロパティに移動」をクリック。

手順

サーチコンソールの管理ページへ移動したら、完了です。

Cocoon

最後に、Cocoonのパターンを紹介します。

手順

WordPress管理画面にアクセス→「Cocoon設定」→「アクセス解析・認証」の順にクリック。

手順

下にスクロールし、「Google Search Console設定」に認証用コードを貼り付けます。

認証用コード<content=”〜〜〜“>の「〜〜〜」部分だけ貼り付けます。

その後、「変更をまとめて保存」をクリック。

手順

サーチコンソールの画面に戻り、[確認]をクリック。

手順

以下のページが表示されたら、「プロパティに移動」をクリック。

手順

サーチコンソールの管理ページへ移動したら、完了です。

Googkeサーチコンソールの初期設定2つ

Googleサーチコンソールでやるべき初期設定は、以下のとおりです。

・Googleアナリティクスと連携する
・サイトマップを登録する

今の状態でもデータ解析はできますが、より便利に使えるようになるので、あわせて設定しておきましょう。

Googleアナリティクスと連携する

まずは、Googleアナリティクス4(以下GA4)と連携させましょう。

サーチコンソールとGA4を連携させることで、2つのサービス間でデータを共有し、計測できるようになります。

そうすることで、ブログに訪れる前〜訪れた後までのユーザーの動きを全体的に見ることができ、ブログの改善に活かすことができますよ。

以下の手順でかんたんに連携できます。
サクッとやっちゃいましょう。

手順

はじめに、Googleアナリティクスにアクセスします。

まだ、Googleアナリティクスの登録が済んでいない方は、【GA4】Googleアナリティクス4をWordPressブログに設定する方法で先に設定しておいてください。

手順

GA4のホーム画面の左下にある「管理」をクリック。

「プロパティ」の項目にある「Search Consoleのリンク」をクリック。

手順

右にでてくる「リンク」をクリック。

アカウントを選択」をクリック。

GA4と連携される「サーチコンソールプロパティ」を選択→「確認」をクリック。

手順

この画面に戻ったら、「次へ」をクリック。

選択」をクリック。

データストリーム」を選択。

手順

この画面に戻ったら、「次へ」をクリック。

「管理するSearch Consoleプロパティにリンク」と「ウェブストリーム」の内容をチェック。

間違いなければ、「送信」をクリック。

手順

この画面が表示されれば、OKです。

お疲れさまでした!

以上で、サーチコンソルとGA4の連携は完了となります。

サイトマップを登録する

次に、サーチコンソールにサイトマップを登録していきます。

サイトマップには「あなたのブログにどのようなページがあるか」を知らせる機能があります。

登録することで、ブログの情報(新しい記事や更新した記事)をGoogleに見つけてもらうことができますよ。

今回は「XML Sitemaps」というプラグインを使って、サイトマップを登録する方法を紹介しますね。

手順

まずは、「XML Sitemaps」をインストールしていきます。

WordPress管理画面へアクセス。

プラグイン」→「新規追加」→検索窓に「XML Sitemaps」と入力。

今すぐインストール」をクリック。

インストールが終わったら、「有効化」をクリック。

手順

WordPress管理画面にもどり、「設定」→「XML-Sitemaps」をクリック。

以下の、①〜④の項目を画像どおりに設定していきます。

①投稿の優先順位

②Sitemapコンテンツ

③Change Frequencies

④優先順位の設定

手順

最後に、サーチコンソールにサイトマップを登録します。

手順

サーチコンソール」にアクセスし、左側のメニューより「サイトマップ」をクリック。

「新しいサイトマップの追加」に「sitemap.xml」と入力→「送信」をクリック。

手順

以下の画面が表示されるので、「OK」クリック。

数分まち、「送信されたサイトマップ」のステータスが、「成功しました」になればOKです。

お疲れさまでした!

以上で、サーチコンソールへサイトマップの登録は完了です。

次はサーチコンソールの使い方を紹介していきますね。

Googleサーチコンソールの使い方5つ

Googleサーチコンソールで、ブログ運営に活かせる使い方5つを紹介します。

検索データを確認する
Googleからのエラーをチェックする
新しいページをインデックス登録する
インデックス状況に問題が無いか確認する
ブログの表示速度をチェックする

すぐ使えるようわかりやすく説明していきますね。

検索データを確認する

サーチコンソールでは、以下の4つの検索データを確認できます。

・合計クリック数
→ブログ記事がクリックされた回数
・合計表示回数
→ブログ記事が表示された回数
平均CTR
→ブログ記事がクリックされた確率
(合計クリック数÷合計表示回数)
平均掲載順位
→Google上のブログ記事の平均順位

サイドバーの「検索パフォーマンス」をクリックすると、表示されます。

また下にスクロースすると、詳細な検索データを見ることが可能です。

詳細な検索データで確認できる情報は、以下のとおりです。

・クエリ
→Googleで検索されているキーワード
・ページ
→ブログ内の記事ごとの検索データ
・国
→どこの国から検索されているか
・デバイス
→PC・スマホ・タブレットのどれからアクセスしているか
検索での見え方
→特別な機能ごとのデータ(動画など)
・日付
→1日ごとの検索データ

使いこなすことで「どのキーワード」からアクセスが集まっているか?などブログ記事のリライトに役立てることができますよ。

Googleからのエラーを確認する

ブログで不具合・エラーが発生していても、Googleがメッセージで警告してくれますよ。

右上のベルマークを押すことでエラーを確認内容をチェックできます。

ベルマークを押すと、メッセージ欄が表示されます。

メッセージ欄では、エラーの詳しい情報を知ることができ、修正も可能です。

新しいページをインデックス登録する

サーチコンソールを使って、インデックス登録をリクエストできます。

インデックス登録をリクエストすることで、該当のURL情報をGoogleに見つけてもらいやすくなりますよ。

そのため、新しい記事・更新した記事などを検索結果にいち早く反映することが可能です。

インデックス登録のリクエストのやり方は、以下のとおり。

サイドバーの「URL検査」をクリック→テキストエリアに「登録したいページのURL」を入力。

「インデックス登録をリクエスト」をクリック。

インデックス状況に問題が無いか確認する

「ページ」を見ると、ブログの中でGoogleに「インデックスされているURLの数」「インデックスされていないURLの数」がわかります。

下にスクロールすると、「インデックスされない原因」などがわかるので、ブログの修正に役立ちます。

サイドバーの「インデックス作成」→「ページ」で見ることができます。

ブログの表示速度をチェックする

ブログの表示速度は、「ウェブに関する主な指標」でチェックすることができます。

ユーザーに記事がクリックされないと、正確な測定はできないため、初心者は「PageSpeed Insights」をクリックしましょう。

以下の画面のように、スマホ・PC両方の表示速度をチェックすることができますよ。

Googleサーチコンソールを連携してWordPressブログで活用しよう。

今回は、サーチコンソルの設定・連携方法や使い方について説明しました。

まとめると以下のとおりです。

・サーチコンソールは検索データを解析できるツール
・ブログに訪れる前のユーザーの行動がわかる
・検索順位などをチェックし、ブログを改善できる

サーチコンソールを使うことでSEO対策の強化ができ、ブログの収益化に活用できます。

ぜひ使い方をマスターしておきましょう。

「ライバルに差をつけたい!」「ガッツリSEO対策に取り組みたい!」という方は、Rank Trackerを使うと、より収益化を加速できますよ。

「ブログの始め方」をつづきから読む

ブログの始め方のつづきを読もう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次