【WordPressブログ】サイトマップを作る方法!プラグインで簡単作成

WordPressでブログを開設したあとに、サイトマップを作成しましたか?

「サイトマップって何?」と思ったあなた。


サイトマップ=ブログの「地図」のようなもの。

Googleなどの検索エンジンが、あなたのブログ全体を理解しやすくする役割があります。

ただ、手作業でサイトマップを作成するのは大変です…


しかし、サイトマップを作らないと、せっかく作ったコンテンツがGoogleに見逃されてしまう可能性があります。

安心してください。この記事を読めば、かんたんにサイトマップを作成することができますよ。

これからブログのユーザー数を増やしたいなら、なおさらサイトマップの作成は必須です!

さっそくこの記事を読みながら、サイトマップを作っていきましょう。

まだ、WordPressブログを開設していない方は、下記の記事を参考にしてください。

たった10分!WordPressブログの始め方【初心者向けの開設手順】

目次

WordPressのサイトマップとは?

サイトマップとは、「サイト全体の記事を一覧にしたもの」です。

例えばブログが大きな家だとすると、その家の部屋がどこに何があるかを教えてくれる「地図」みたいなものとイメージすればOK。

これにより、ユーザーや検索エンジンがウェブサイト内で迷うことなく、探している情報を見つけることができます。

サイトマップを適切に活用することで、ユーザーとGoogleを同時に満足させることも可能ですよ。

サイトマップの種類・役割について

サイトマップには、以下の2種類があります。

・XMLサイトマップ
・HTMLサイトマップ

それぞれの役割やメリットを説明していきます。

XMLサイトマップ(Google向け)

XMLサイトマップは、検索エンジン(Google)のクローラーがブログの全体像を把握するために使われます。

またXMLサイトマップには、以下の役割やメリットがありますよ。

役割

・クローラーにインデックスしてほしいページを伝える
・ブログ全体の構造を検索エンジンに伝える

メリット

・新しいページ・更新したページもクロールされやすくなる
・クロールが難しかったページも認識されやすくなる
・クロールされることでSEO的にもプラスに働く

クローラーとは?

サイト内のURLをたどって、巡回するプログラム

インデックスとは?

検索エンジン(Google)のデータベースに登録されること

HTMLサイトマップ(ユーザー向け)

HTMLサイトマップとは、ブログ内のコンテンツをリスト形式でまとめたページです。

役割やメリットは、以下のとおり。

役割

・ユーザーが目的の記事・ページを探しやすくする。
・回遊率(1人のユーザーが複数のページを見て回ること)の向上。

メリット

・ユーザビリティや利便性が向上する。
・ブログ全体の評価が高まり、SEOにも良い影響がある。

ブログを訪れてくれたユーザーに満足してもらうために作る。と覚えておきましょう!

XMLサイトマップHTMLサイトマップの違いは?

HTMLサイトマップとXMLサイトマップの違いを表形式でまとめました。

HTMLサイトマップXMLサイトマップ
対象ユーザー向けGoogle向け
形式HTMLXML
目的ユーザー満足度の向上Googleの満足度の向上
サーチコンソールの登録×
特徴CSSでデザインされ、ユーザーが見やすい形式XMLで記述され、検索エンジンが見やすい形式

両方のサイトマップを作ることで、ユーザーと検索エンジンどちらの満足度もあげられます。

違いを理解して、適切に2つのサイトマップを活用するようにしましょう。

そもそもサイトマップは作らないとダメ?

結論、ブログ初心者は必ずしもサイトマップを作成する必要はありません。

HTMLサイトマップはユーザーの満足度を高めるのに役立ちますが、

始めたてのころは記事数も少ないため、コンテンツの充実が最優先です。

そのため、じっくりコンテンツを作ってからサイトマップを作成する方が効果的です。

サイトマップはあくまで補助的な役割です。

XMLサイトマップはクローラーにページ位置を伝える役割を持ちますが、

ブログの各ページが適切にリンクされていれば、Googleはほとんどのページを検出できます。

サイトの各ページが適切にリンクされていれば、Google は通常、サイトのほとんどのページを検出できます。
適切にリンクされているというのは、なんらかのナビゲーション(ページに配置したサイトのメニューやリンクなど)によって重要なすべてのページに移動できる状態を指します。

Google検索セントラル – サイトマップについて

また、xmlサイトマップについては、必要なパターンごとに以下のような表記をしています。

次の場合にサイトマップが必要になることがあります。

・サイトのサイズが大きい。
・サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。
・サイトに動画や画像などのリッチメディア コンテンツが多数含まれている、またはサイトが Google ニュースに表示されている。

次の場合は、サイトマップは必要ありません。

・サイトのサイズが「小さい」
・サイトはサイト内で完全にリンクされている。
・検索結果に表示される必要があるメディア ファイルやニュースページが多くない。

Google検索セントラル – サイトマップについて

リンクの少ないブログにとっては、xmlサイトマップの作成が有益であることは表記されています。

そのため、もし作るならXMLサイトマップだけ作っておくと良いですよ。

記事数が増え、ブログが育ったあとに、改めて見直せばOKです

サイトマップを作れるプラグイン3つ

サイトマップを作るときに使うプラグイン3つを紹介します。

・XML Sitemap Generator for Google
→XMLサイトマップ作成できる
・WP Sitemap Page
→ HTMLサイトマップ作成できる
・All in One SEO
→どちらも作成できる

それぞれ説明していきます。

XML Sitemap Generator for Google

XMLサイトマップの作成には、「XML Sitemap Generator for Google」を使います。

以前は「Google XML Sitemaps」という名前でしたので、間違わないよう注意しましょう。

Google XML Sitemapsは更新が止まっていますが、今回紹介する「XML Sitemap Generator for Google」
は定期的に更新されているので、安心して利用できますよ。

使い方は、XMLサイトマップの作り方(XML Sitemapを使用)で説明しています。

WP Sitemap Page

HTMLサイトマップの作成には、「WP Sitemap Page」を使います。

他にも「PS Auto Sitemap」という人気のプラグインがありますがオススメしません。

なぜなら、8年前から更新されていないから。

セキュリティの面からみても、今回紹介する「WP Sitemap Page」を利用しましょう。

使い方は、HTMLサイトマップの作り方(WP Sitemap Pageを使用)で説明しています。

All in One SEO

「All in One SEO」を使うと、XMLサイトマップ・HTMLサイトマップどちらも作成することが可能です。

SEO対策もしやすく、便利なプラグインなのですが、デメリットがあります。

それは「ブログの表示速度が遅くなる」ことです。

WordPressテーマを利用している方はこのプラグインを使う必要はありません。

そのため、今回は使い方は省略します。「そんなのもあるんだな〜」と思ってもらえればOKです。

WordPressでサイトマップを作る方法

それでは、サイトマップを作っていきましょう。

XMLサイトマップの作り方(XML Sitemapを使用)
HTMLサイトマップの作り方(WP Sitemap Pageを使用)

以上、2つの作り方を紹介していきますね。

XMLサイトマップの作り方(XML Sitemapを使用)

XML Sitemap Generator for Google(以下XML Sitemap

というプラグインを利用した作り方を紹介していきますね。

手順
XML Sitemapのダウンロード・有効化

まずは、プラグインをダウンロード・有効化していきましょう。

WordPress管理画面を開きます。

プラグイン」→「新規追加」→検索窓に「XML Sitemap」と入力。

今すぐインストール」をクリック。

インストールが終わったら、「有効化」をクリック。

以上で、プラグインの準備はOKです。

手順
XML Sitemapの設定

続いて、プラグインの設定をしていきます。

WordPress管理画面にもどり、「設定」→「XML-Sitemaps」をクリック。

以下の項目を設定していきます。

基本的な設定

「基本的な設定」→『HTML形式でのサイトマップを含める』のチェックを外します。

投稿の優先順位

一番上をチェックします。

Sitemapコンテンツ

画像のとおりにチェックすればOKです。

Change Frequencies

Change Frequenciesとは、更新頻度を設定することです。

こちらも画像どおりに設定しましょう。

投稿の優先順位

上から2つ目の「投稿」の数値を「0.6」→「1.0」に変えましょう。

カテゴリー分けができているときは、カテゴリー別の数値を「0.6」→「1.0」に変えましょう。

ここまで終わったら一番下にある「設定を更新」をクリック。

「設定を更新しました」と表示されればOKです。

手順
サーチコンソールと連携

最後に、サーチコンソールと連携していきます。

まだサーチコンソールの設定をしていない方は、

WordPressブログにサーチコンソールを設定・連携する方法【使い方も解説】を参考に設定しましょう。

Googleサーチコンソールへアクセスし、「今すぐ開始」をクリック。

② サイドバーの「サイトマップ」をクリック。

③「サイトマップのURLを入力」に、以下の3つを1つずつ入力し、送信。

・sitemap.xml
・sitemap.xml.gz
・feed

④ 3回送信し、ステータスが『成功しました』になればOKです。

以上で、XMLサイトマップの作り方は終了です。

HTMLサイトマップの作り方(WP Sitemap Pageを使用)

続いて、「WP Sitemap Page」というプラグインを使って、HTMLサイトマップを作る方法を紹介します。

手順
WP Sitemap Pageのダウンロード・有効化

はじめに、プラグインをダウンロード・有効化していきましょう。

WordPress管理画面を開きます。

プラグイン」→「新規追加」→検索窓に「WP Sitemap Page」と入力。

今すぐインストール」をクリック。
※TOPに表示されないときは、下にスクロールすると見つかります。

インストールが終わったら、「有効化」をクリック。

手順
HTMLサイトマップ用のページを作る

続いて、WordPressで「固定ページ」→「新規追加」をクリック。

ブロックエディターを利用している場合、「ショートコード」というブロックをクリック。

(クラシックエディターの場合は、HTMLモードで記入

[wp_sitemap_page] というコードを貼り付け→「公開」をクリックします。

手順
WP Sitemap Pageの設定

最後にプラグインの設定をしていきます。

WordPressの管理画面で、「設定」→「WP Sitemap Page」とクリック。

順番に以下のように設定していきます。

一般的な設定

そのままでOK

記事の表示方式

そのままでOK

複数表示

チェックを入れると、複数のカテゴリーに登録している記事全てがカテゴリーごとに表示されます。

除外するページ

除外したいページがあれば、記事IDを入力。

除外する投稿タイプ

そのままでもOK

固定ページを表示したくない場合、「ページ」にチェックを入れる。

パスワード保護

チェックを入れる。

以上で、HTMLサイトマップの完成です。

サイトマップでプラグインを使う際の注意点

サイトマップを作るプラグインを同時に使うときは、注意が必要です。

なぜなら、「XML Sitemaps」と「All In One SEO Pack」などのプラグインを一緒に使うと、サイトマップを二重に作ってしてしまいエラーがでる可能性があるからです。

特に「All In One SEO Pack」を使ってサイトマップを作るときは、他のプラグインは使わないように気をつけましょう。

サイトマップ登録時のよくあるエラーと対処法

サイトマップ登録をしたときに、よく起こるエラーは以下の3つです。

エラー① 取得できませんでした。
エラー② サイトマップが HTML ページです。
エラー③ XMLタグが指定されていません

それぞれ解決法を説明していきます。

エラー① 取得できませんでした

「 取得できませんでした。」というエラーがでたときの解決法は、以下のとおりです。

・サイトマップのURLが正しいか確認する。
ブラウザでサイトマップのURLを入力し、404エラーが表示されないことを確認。

・サイトマップファイルが破損していないか確認する。
ファイルの先頭に空白や改行がないかをみます。問題があれば、修正してから再送信。

・URL検査ツールでサイトマップのURLが正しく取得できるか検査する。

これらの方法でも、特定のブログや状況によっては違う対策が必要になる場合も可能性もありますのでご注意ください。

エラー② サイトマップが HTML ページです

「サイトマップが HTML ページです。」というエラーがでたときの解決法は、以下のとおりです。

・サイトマップをXML形式で読み込み
サーチコンソールはHTML 形式のサイトマップを読み込めません。
なので、必ずXML形式のサイトマップを読み込ませましょう。

・プラグインの設定を見直す
プラグインを使用してサイトマップを作成している場合、
設定でXML形式の出力が「有効」になっているか確認が必要。
有効になっていなければ、「有効化」して、XML形式でサイトマップを出力できるようにしましょう。

エラー③ XMLタグが指定されていません

「XMLタグが指定されていません。」というエラーがでたときの解決法は、以下の手順で行います。

①サイトマップのURLにアクセス。

②サイトマップの内容を確認し、少なくとも1つのウェブサイトのURLが<url>タグで指定されているかをチェック。

まとめ:WordPressブログでサイトマップを作ろう

今回は、WordPressブログのサイトマップについて紹介してきました。

まとめ
  • サイトマップ=ブログの「地図」のようなもの。
  • サイトマップには2種類ある
  • XMLサイトマップ=検索エンジン向け
  • HTMLサイトマップ=ユーザー向け
  • 初心者がまず作るのは、XMLサイトマップ

ブログ初心者は、なによりもコンテンツの充実が最優先です。

コンテンツが増え、訪れるユーザーが増えてから改めてサイトマップの設定をしてもOKですよ!

WordPressブログを始めるならConoHa WING

「WordPressブログを始めたい!」

「損しないレンタルサーバーを選びたい!」

そんなあなたには、高性能・高速なレンタルサーバーConoHa WINGがオススメですよ!

【6月13日まで】最大52%OFFのWebサイト制作応援キャンペーンに申し込む

おすすめポイント
  • 687円/月~ で始められる!お得な料金設定!
  • 初期費用が無料 + 独自ドメインも永久無料!
  • 表示スピードが速い! 国内最速水準のレンタルサーバー
  • 初心者もOK! かんたんで使いやすい管理画面

今なら52%OFF!月687円〜

下記の記事では、ConoHa WINGを使ってWordPressを開設する手順を、くわしく解説しています。

たった10分!WordPressブログの始め方【初心者向けの開設手順】

ブログを始めるときにWordPressテーマもセットで申し込むことで、収益化を加速できますよ!

【初心者におすすめ】WordPress有料ブログテーマ10コを比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次