初心者向けWordPressおすすめプラグイン12選【導入必須】

今回は、WordPressのプラグインについて説明していきます。

WordPressのプラグインは種類が多く、正直どれを使えば良いのかわかりませんよね。

結論、この記事で紹介するプラグインだけを導入すればOKです。

なぜなら、必要以上にプラグインを入れてしまうと逆にブログが重くなったり、誤作動の原因になるから。

あわせてプラグインの導入方法や注意点も解説もしています。

この記事を読めばプラグインを活用して、WordPressブログを快適に運営できるようになりますよ。

WordPress有料テーマを使うと、プラグインの導入数を減らしても快適にブログ運営ができます。

かんたんにSEO対策もでき、ブログの初期設定にかかる時間を大幅に短縮できるなどのメリットもありますよ。

本気でブログ運営を考えている方は、プラグインを選ぶ前にWordPress有料テーマ導入をしましょう。

WordPress有料テーマについては、下記で詳しく解説しています。

≫WordPressの有料テーマをみてみる

目次

WordPressプラグインとは?

コンセントとプラグと男性

プラグインとは、WordPressに機能を追加するツールのこと。

WordPressの機能は、デフォルトでは最低限におさえられています。

プラグインを追加することで、WordPressに機能を追加しブログを『自由にカスタマイズ』できます。

プラグインで追加できる機能の一例

・セキュリティの強化
・データのバックアップ
・お問い合わせフォームの追加

「スマホのアプリのように、必要なものを追加していく」というようなイメージです。

【前提】WordPress有料テーマを使うと、プラグインは最小限でOK

携帯画面から出ているスパナを持った男性

プラグイン選びで悩んでいる方は、WordPressの有料テーマを使いましょう。

WordPressの有料テーマには、ブログ運営を快適にする機能がたくさん備わっており、ほとんどのプラグインを導入する手間が省けます。

以下が、有料テーマで省けるプラグインの一例です。

・SEO系
・SNSボタン系
・ブログカード系
・コード圧縮系

有料テーマを使うと、プラグイン以外にもブログのデザインなど、初期設定にかかる時間を短くできます。

「ブログの収益化を本気で考えている」「ブログで稼ぐまでの道のりをショートカットしたい」と考えている方は、有料テーマへの初期投資は惜しまないようにしましょう。

≫WordPressの有料テーマをみてみる

プラグイン導入時に気を付ける5つのポイント

WAPNINGの看板とマフラーをした男性

プラグイン導入時に気を付ける5つのポイントは、以下のとおりです。

・必要以上にプラグインを入れない 
安全性の高いプラグインを選ぶ
・プラグインを定期的にアップデートする
・WordPressテーマとの相性を確認する
・1つずつプラグインをインストールする

それぞれ解説していきます。

必要以上にプラグインを入れすぎない

まず、不要なプラグインは入れないようにしましょう。

前述したように、プラグインを入れすぎるとサーバーが重くなってページ速度が低下したり、エラーが発生する原因になるからです。

利用しているWordPressテーマにもよりますが、本記事で紹介する12個のプラグインを使えば間違いありません。

もし不要なプラグインがあったら「停止」しておくのを忘れないようにしましょう。

安全性の高いプラグインを選ぶ

プラグインは、安全性が高いプラグインを選びましょう。

安全性の高いプラグインの特徴は、以下のとおりです。

・評価が高く、有効インストール数が多い
・最終更新日が新しい
・使用中のWPバージョンと互換性がある

上記のように、評価が「星4」有効インストール数が「500万以上」、最終更新が「1日前」で、「使用中のWPバージョンと互換性がある」プラグインは安全性が高いといえます。

例外もあるので注意しましょう。
上記3つの条件を満たしていても、不具合が起きる場合もあります。

WordPressで不具合が起きたときは、プラグインが原因の場合が多いので、一旦全てのプラグインを停止して、どれが原因かチェックしましょう。

プラグインを定期的にアップデートする

プラグインは定期的にアップデートし、最新の状態にしておきましょう。

プラグインのアップデートには機能の追加や改善だけでなく、セキュリティの強化やWordPressの最新バージョンへの対応も含まれます。

WordPressは頻繁にアップデートされるので、あわせてプラグインもアップデートしないと、不具合が起きる確率も高まりますよ。

プラグインのアップデート方法は、以下のとおりです。

プラグインの一覧ページで「新バージョンの○○が利用できます」という表示。 
↓    
「更新」を押す。

以上で、アップデートが完了します。

1クリックでかんたんにできるので、定期的にアップデートをしておきましょう。

WordPressテーマとの相性を確認する

プラグインを導入するまえに、WordPressテーマとの相性を確認しましょう。

なぜなら、テーマによって相性の悪いプラグインがあり、不具合が起こる可能性があるからです。

例えば、もともとSEO対策がされているテーマでは、「All in One SEO」などのSEO対策プラグインを導入すると、機能が重複して不具合につながるケースもよくあります。

利用するテーマの公式サイトで、テーマとプラグインの相性を確認することができます。

相性が悪いプラグインへの対処法や、代わりのプラグインなどが提案されている場合もありますよ。

1つずつプラグインをインストールする

原則、「プラグインは1つずつインストール」してください。

安全性の高いプラグインでも、不具合が起こる可能性はあります。

まとめて複数のプラグインをインストールすると、不具合が起きたときに原因のプラグインを見つけることができません。

必ず「プラグインは1つずつインストール」して動作確認をしましょう。

プラグインを更新するときも「1つずつ更新」を徹底してくださいね。

【導入必須】WordPressのおすすめプラグイン12選

WordPressの無料おすすめプラグインを紹介していきます。

以下のプラグインを導入すれば、ブログを快適に運営できますよ。

SiteGuard WP Plugin
Akismet Anti Spam
BackWPup
Easy Table of Contents
Contact Form 7
WP Multibyte Patch
Broken Link Checker
Sitemap Generator for Google
WP Fastest Cache
Autoptimize
TinyPNG
Pochipp

1つずつ順番に解説していきます。

① SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginプラグイン

SiteGuadは、WordPressのセキュリティを強化するプラグインです。

SiteGurdの特徴

・不正ログイン防止
・管理ページへの不正アクセス防止

SiteGuadを導入することで、ログインURLの変更や画像認証の設定など、セキュリティを強化できます。

管理ページへ不正アクセスされると、運営しているブログが他の人に乗っ取られてしまうかもしれません…

自分のブログを守るためにも、必ず導入しておきましょう。

SiteGuard WP Pluginを導入する

② Akismet Anti Spam

Akismet Anti Spamプラグイン

Akismet Anti Spamは、スパムコメントを防止するプラグインです。

Akismet Anti Spamの特徴

・自動的にスパムコメントを防止
・WordPressに始めから入っている

ブログを運営してアクセスが増えてくると、スパムコメントも増えてきます。

手動で削除することもできますが、めんどくさいですよね…

このプラグインを利用すれば、自動でスパムコメントは判別し、分けてくれるため削除する手間が省けます。

WordPressに始め方入っているので、そのまま使用しましょう。

コメント欄を非表示にしている場合、Akismet Anti Spamは不要です。

Akismet Anti Spamを導入する

③ BackWPup

BackWPupプラフイン

BackWPupは、自動でテータをバックアップできるプラグインです。

BackWPupの特徴

・かんたん操作でバックアップと復元ができる
・スケジュール設定機能つき
・外部サービスへの保存も可能

ブログを運営していると、不具合でデータが消失する可能性があります。

もしもの時に備えて、バックアップを取るプラグインは必ず導入しておきましょう。

めんどくさがって、リスク管理を怠ると取り返しがつかなくなります…(体験済)

BackWPupを導入する

Easy Table of Contents

Easy Table of Contentsは、かんたんに目次を作成・挿入できるプラグインです。

Easy Table of Contentsの特徴

・記事内の見出しを自動で目次化
・かんたんに目次のカスタマイズができる

目次があるorなしでは、記事の読みやすさに差がでます。

読者に寄り添った読みやすいブログを作るためにも、ぜひ導入しておきましょう。

有料テーマを利用していると、機能が重複する場合があるので注意しましょう。

Easy Table of Contentsを導入する

⑤ Contact Form 7

Contact Form 7プラグイン

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを設置できるプラグインです。

Contact Form 7の特徴

・自動返信メール機能がついている
・予約フォームとしても使える
・Akismetと連携してスパムコメントを防止

ブログを運営しているとファンの読者や企業(広告主)から連絡がくることも。

ビジネスチャンスにつながるので、お問い合わせフォームは設置しておいて間違いありません。

Contact Form 7を導入する

⑥ WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchプラグイン

WP Multibyte Patchは、日本語の修正をおこなうプラグインです。

WP Multibyte Patchの特徴

・日本語の文字化けを修正
・検索で全角スペースが利用可能になる
・文字数カウントの機能強化

WordPressは英語圏で作られたソフトウェアで、構造は英語標準です。

そのため日本語に対応していない部分もありますが、このプラグインを利用すると自動で修正してくれます。

日本語でブログを運営していくなら、WP Multibyte Patchの導入は忘れないようにしましょう。

WP Multibyte Patchを導入する

⑦ Broken Link Checker

Broken Link Checkerプラグイン

Broken Link Chekerは、ブログ内のリンク切れを自動でチェックできるプラグインです。

Broken Link Chekerの特徴

・リンク切れを発見し通知してくれる
・どこでリンクが切れているか一目でわかる

ブログの記事が増えてくると、リンクを1つ1つ管理するのは手間がかかります。

このプラグインを使えば、管理する手間が楽になりますよ。

またリンク切れは、読者にもGoogleにも悪影響です。

せっかくあなたのブログを訪れた読者にガッカリさせないよう、Broken Link Chekerの導入をオススメします。

Broken Link Chekerを導入する

⑧ Sitemap Generator for Google

Sitemap Generator for Googleプラグイン

Sitemap Generator for Googleは、サイトマップを作成するプラグインです。
「XML Sitemaps」→「Sitemap Generator for Google」に名前が変更になっています。

サイトマップとは、サイト全体の見取り図のこと。

Sitemap Generator for Googleの特徴

・自動でサイトマップを作成・更新
・最新のページ情報をGoogleに伝えられる
・Googleの検索結果に表示されやすくなる

Googleサーチコンソールと連携することで、Googleにあなたのブログの情報を伝えることができます。

SEOで非常に重要なため、ブログを始めたらすぐに導入しましょう。

Sitemap Generator for Googleを導入する

⑨ WP Fastest Cache

WP Fastest Cacheプラグイン

WP Fastest Cacheは、キャッシュの有効化ができるプラグインです。

キャッシュの有効化をすると、ブログの表示スピードが速くなります。

WP Fastest Cacheの特徴

・キャッシュの更新頻度を設定できる
・ページごとにキャッシュの有効化を設定可能

ブログの表示スピードが遅いと、読者にストレスを与えてしまいます。

手軽に導入でき、表示スピードを大幅に改善できるため、とりあえず導入しておくと良いですよ。

WP Fastest Cacheを導入する

⑩ Autoptimize

Autoptimizeプラグイン

Autoptimizeは、コードを圧縮して高速化するプラグインです。

Autoptimizeの特徴

・HTML/CSS/JavaScriptといったコードの最適化ができる
・画像の遅延読み込み機能もついている

初心者でもかんたんにコードの最適化ができ、ブログの表示スピードを改善できます。

WordPress有料テーマを使っている場合、高速化機能がすでに機能している可能性があります。
機能が重複していないか確認してから、導入を進めてください。

Autoptimizeを導入する

⑪ TinyPNG

TinyPNGは、画像圧縮ができるプラグインです。

TinyPNGの特徴

・画像アップロードすると自動で圧縮
・アップロード済みの画像も圧縮できる

画像圧縮ができるプラグインでは、「EWWW Image Optimizer」が有名ですが、TinyPNGと比べると圧縮できる容量に差があります。

EWWW Image Optimizer
→圧縮率:約10〜20%
TinyPNG
→圧縮率:約50〜70%

画像圧縮もブログの表示スピードを速くするには大事な要素なので、圧縮率の高いプラグインを選んで損はしませんよ。

TinyPNGを導入する

Pochipp

Pochippプラグイン

Pochippは、商品リンクをかんたんに作成できるプラグインです。

Pochippの特徴

・各ECサイトの商品リンクをまとめて表示できる
・ブロックエディターに最適化されている。

・運営が日本人のため安心

Rinkerを使うと、以下のように商品リンクを複数まとめて表示できます。

カスタマイズ性も高く、デザインの変更・ショップの追加もしやすいのもポイント。

ブログで商品を紹介する際に、欠かせないプラグインです。

Pochippを導入する

WordPressプラグインの導入方法3STEP

プラグインの導入手順は、以下の3STEPです。

① プラグインをインストールする 
② プラグインを有効化する

自動更新を有効化する

それぞれ順番に説明していきます。

① プラグインをインストールする 

STEP

プラグイン」「新規追加」をクリック。

STEP

「プラグイン名」を入力→「今すぐインストール」をクリック。

プラグインをインストールする手順
STEP

「有効化」に変わったら、インストール完了です。

プラグインをインストールする手順

プラグインを有効化する

インストールしただけでは使えないので、「有効化」をします。

「有効化」をクリックするだけでOKです。

プラグインを有効化する

③ 自動更新を有効化する

プラグインのバージョンアップを忘れないよう、「自動更新を有効化」しておきましょう。

STEP

「プラグイン」「インストール済みプラグイン」をクリック。

プラグイン管理画面へ
STEP

自動更新を有効化したいプラグインの右にある、「自動更新を有効化」をクリック

プラグインの自動更新を有効化する

プラグインの導入方法は、以上で完了となります。

WordPressプラグインを停止する方法

不要になったプラグインの停止方法を紹介します。

停止する手順は、以下のとおりです。

① プラグインを無効化する
② プラグインを削除する

順番に説明していきます。

① プラグインを無効化する

STEP

無効化したいプラグインの名前の下にある「無効化」をクリック。

プラグインの無効化
STEP

「プラグインを停止しました」と表示されればOKです。

プラグインの無効化が完了

無効化されたプラグインは背景が白くなります。

② プラグインを削除する

無効化したプラグインをもう使う予定がない場合、「削除」しておきましょう。

プラグインの削除

WordPressに始めから導入されているプラグインの対処法

パソコンと男性と電球

WordPressには始めから入っているプラグインと対処法は、以下のとおりです。

・Akismet Anti-Spam
残して、有効化


・SiteGuard WP Plugin
残して、有効化


・ConoHa WING コントロールパネルプラグイン(ConoHa WINGのみ)
・ConoHa WING自動キャッシュクリア(ConoHa WINGのみ)
有効化されていれば、そのままでOK


・TypeSquare Webfonts for ○○
削除しましょう

間違って削除してしまっても、再インストールすればOKですよ。

プラグインを導入してWordPressを快適に使おう

女性2名と男性1名が歯車を持っている

最後に、本記事で紹介したおすすめプラグイン12選をおさらいします。

SiteGuard WP Plugin
Akismet Anti Spam
BackWPup
Easy Table of Contents
Contact Form 7
WP Multibyte Patch
Broken Link Checker
Sitemap Generator for Google
WP Fastest Cache
Autoptimize
TinyPNG
Pochipp

快適なブログ運営には、本記事で紹介したプラグインをとりあえず導入すればOKです

WordPressは自由にカスタマイズできるので、ブログを運営をしていくなかで必要に応じプラグインを追加したり、削除してくださいね。

ただし、プラグインは入れすぎるとブログが重くなるので、注意しておきましょう。

WordPressの有料テーマを利用すれば、プラグインを減らしても快適にブログが運営できます。

SEO対策もでき、おしゃれなデザインのブログをかんたんに作ることができるので、利用しない手はありませんよ。

≫WordPressの有料テーマをみてみる

プラグインの導入が完了したら、次のステップは稼げる記事を書くことです。

稼げる記事の書き方は、下記で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

歯車と赤い服を着た男性

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次